catalog image

2018/2/10***第二のアンゴルモアの大王復活とともに

蘇った「第二のアンゴルモア大王」とともに「火龍神難陀龍王」様の現形から40周年1978年4月阿含宗開祖が万難を排して「阿含宗立宗」の大聖業をなされてから、本年2018年4月は40周年目に当たります。この年、2月の節分(当時星祭りは節分に挙行)に挙行された、星祭り大柴燈護摩供では、阿含宗の本尊、準提尊の眷属の守護神、八大龍王の首座、『火龍神難陀龍王』様が初めて写真映像に姿を留められる現形の奇跡が起こりました。この...

catalog image

2018/1/1***そこには精神文明の霊光がともる***あけましておめでとうございます。

2018年、明けましておめでとうございます。読者の皆様にとって本年が幸多き年となりますこと、深く深くお祈りいたします。時の流れは一段と早くなり、何やら激流の如くなってきているようにも感じられます。かつて一度も経験したことがない、時代のチャンネルが音を立てて変わり始め、もう後戻りすることはない、新たな時代に足を踏み入れたようにも思われます。これがアクエリアスの時代なのか?水晶をイメージするヨハネの黙...

2017/7/29***青い星(霊光)が導く、天空の大マンダラ(2)

「開祖の現形」、即ち「アンゴルモア大王の復活」の証この青い星(霊光)は、開祖の神霊だったのでしょうか?開祖はすでに無余依涅槃(むよえねはん)の仏陀となられていると言います。肉体の最後の業を断じて涅槃に入られ、完全に解き放たれた自在身を得た如来になられているということです。直説経典「阿含経」に、成仏法の四神足法について語られたお釈迦様のお言葉から、それを会得された如来のあり様を伝え聞くことができます...

2017/7/24***青い星(霊光)が導く、天空の大マンダラ

北方洋上に出現した『青い星(霊光)』を中心にして、天空に映し出された巨大マンダラは、われわれに何を伝えようとしているんでしょうか。巨大なフェリーの上空に展開された、わずか一瞬、つかの間の出来事の中に、人類の今後を占う様々な啓示が示されていました。聖霊によって、青い星(霊光)を中心に次元を超えたところで起こっている現実。一枚の写真を通じて、今、そして人類の今後に起こることが、何階層にもわたる映像で映...