12/21***「スサノウの尊」伝説が現代に蘇っている!

ノストラダムス師の予言の精髄が暗号化されている「1999年7の月」予言詩が、日本神話のスサノウの尊「ヤマタの大蛇(おろち)退治」伝説と完全リンクしていると言ったら、大笑いをされる方もみえることでしょうね。しかし、そのアナグラムを解読していくと、そのものズバリとなります。この予言詩のどこかに”dragon ”のアナグラムが隠されているんですが、さて?ここまで記せば、お分かりになる方もあるだろうと思います。スサノオ...

catalog image

10/30***古事記の伝説の珍宝公開***毎日JPより

古事記の御神宝***宮崎の鵜戸神宮が戦後初公開へ***毎日JP日向灘に面する観光名所、宮崎県日南市の鵜戸神宮が、古事記編さん1300年を記念し、来月3、4の両日、古事記にも登場する神宝「潮満珠(しおみつたま)」「潮涸珠(しおふるたま)」を戦後初めて一般公開する。「潮満珠」は丸い水晶型、「潮涸珠」は大きさの違う円柱を4段重ねた形で約5〜7センチ。古事記には、初代天皇(神武天皇)の祖父に当たるホオリ(山幸...

catalog image

5/28***壬辰年六白金星の年,5月26日の投稿文に思うこと

一作日26日に、ミヒンタレーのマヒンダ氏からメールをいただきました。先般の洋上法要と古事記との関係についての投稿なんですが、私、それを見た時、非常に驚いたんです。今現在の一般の人が、日本の国内で、最もなじみがある仏教のシンボルとして、奈良の大仏、東大寺の大仏を真っ先に挙げる方は多いと思います。その説明を少しだけみてみましょう。<奈良東大寺*ビルシャナ仏>『この奈良大仏は、いまから約1260年前、時の帝で...

catalog image

3/19**日本の黙示文書の代表は、日本神話「古事記」

日本神話「古事記」の予型論的解釈日本神話の中で、最もダイナミックな英雄伝説となっているのは、スサノウの尊のヤマタノオロチ退治の説話ですね。八頭八尾の大蛇を退治するという、若干でも日本神話をご存知の方なら誰でも知っているだろうと思われるこの伝説が、今読み返すと、預言暗号の宝庫であり、実際には、遠い神代の出来事が、現代に再度繰り返される(繰り返されている)預言そのものだったのではないかと言う,個人的な...