2018/6/9***北朝鮮*金委員長と米*トランプ大統領、予言の主役が登場*****ノストラダムス師予言詩から

6/12、初の米朝首脳会談が近づいてきました。世界の主要メディアも今年一番の出来事にその視線は釘付けのようです。昨年、北の将軍の核とミサイルの実験とともにその恫喝は、熾烈を極めて、アメリカだけではなく、日本にもその矛先が向けられ、その動向には、無関心でいられることがありませんでした。いつ極東発の核戦争が起こってもおかしくないところまで行っていながら、暴発だけは踏みとどまってくれたかのようにも思われます...

catalog image

2018/2/4***(番外) 今、ノストラダムス師のあの予言詩に秘されてきたアナグラム予言が現実になりつつある!

(番外) 今、ノストラダムス師のあの予言詩に秘されてきたアナグラム予言が次々に現実になりつつある!この『1999年7の月の予言詩3行目「アンゴルモアの大王」の解読をお目にかける前に、これまで記してきた予言詩のアナグラムの解読が、良かれ悪しかれ現実になりつつあることをお伝えしておきましょう。この一行目の予言詩のアナグラムの解読は、いくつぐらい記事にしたでしょうか?それでもまだ不十分で、今後、機会を作って再...

catalog image

2018/1/23***ノストラダムス師予言の最前線(4)

アンゴルモア大王の復活とそして勧請ノストラダムス師 諸世紀10-721999年7の月の予言詩に見る新たな解読についてL'an mil neuf cens nonante neuf sept mois, Du ciel viendra un grand Roi d'effrayeur,  Resusciter le grand Roi d'Angolmois,    *****③ Avant apres, Mars regner per bon heur.    これまでにも幾度となく取り上げたこの予言詩の三行目、Resusciter le grand Roi d'Angolmois,*****③ 従来訳文...

catalog image

2017/11/24***ノストラダムス師の予言の最前線(3)

「1999年7の月」の予言のアナグラムに封じられてきた時代についに入ったこの予言詩には、一体どれほどの予言暗号が封じ込められていたのでしょうか?*****少しだけ、予言詩から視点をそらして、シリアルナンバー10-72に目を留めてみましょう。これは“X72”とされ、Xはギリシャ数字で10を意味していますが、これさえもが暗号として見てとれます。Xは、歴史上の出来事について記されており、斜め45°回転させると、十字架の「...

catalog image

2017/11/7***ノストラダムス師の予言の最前線(2)

歴史的大偉業だった「マヤと阿含の合同法要」11/7、本日は、マヤと阿含の合同法要から7周年目、そして阿含宗開祖管長が、仏陀の聖跡である、インドのサヘート*マヘート(祇園精舎)、ミラクルの池で仏陀の思念による王者の相承(そうしょう)である白銀に輝く霊的バイブレーションを受けられてから37周年目にあたります。(追記 開祖が思念による王者の相承を受けられたのは1980年11月8日ですので、文章の訂正とします。)単なる...