6/28***お知らせ/阿含宗の特別伝法会(でんぽうえ)***仏陀の七宝経予言

お知らせです。阿含宗の特別伝法会(でんぽうえ)が8/7(日)に開催されます。今回の伝法会の最大の目玉は、『水晶龍神瞑想法』です。また、この席上においても、昨年11/7、マヤと阿含の合同法要でなされた、師の『仏陀の思念』が改めて修法されます。ご縁のある方は、是非、受講されて、賢劫の千仏の時代にいち早く、ソフトランディングしていただきたいと思います。師は、今回の特別伝法会について、6月度例祭の御法話のなかで、...

Post image

6/21***予言ツールとしての金胎両部マンダラが意味していたものとは(1)

およそ、密教には、世間一般にはほとんど知らされることなく、全くといっていいほど手垢(てあか)の付いていない、秘された古来からの予言がある。特に金剛界、胎蔵界の大法と一体セットになっている金胎両部のマンダラは、一般に密教学者の先生方が詳しく解説される以上にもっと深い意味が封じ込まれている。これらマンダラの真意を探ると、今現在、西暦2000年以降を表わしていると思われる、不思議な予言暗号が、随所にちりばめ...

Post image

6/11***千葉神仏両界護摩法要において

6/5に挙行された千葉県富津市の阿含宗主催、神仏両界護摩法要は、総勢700人の修行者、参拝者の方々が参加され、熱い祈りの念を凝らした。当日は、真正仏舎利を奉安してのこの護摩法要は添え護摩木の祈願は約10万本になったことが報告されている。当日は海辺付近のこともあり、当日、相当な強風が吹いていたというが震災早期復興、地域安全、国土安全、世界平和の祈りの炎はその強風をも聖火に取り込んで盛大に挙行された。先日来、...

6/1***お知らせです。6月5日の「東京湾観音神仏両界柴燈護摩法要」

阿含宗に伝わる土地浄霊法要は、その地に深く根付く霊的不浄を浄化し、悪しきカルマを根絶する。それによって大難を小難に、小難を無難にする。東日本大震災で奇蹟とも思われる状態で大難とも言える大津波から守られた特に地鎮屋敷浄霊法を施されていた宗門の方々の中には、ありえない状態で家にも水が入らなかったケースが何軒もある。今回、阿含宗でなされる神仏両界柴燈護摩法要は特にその広範な土地にまつわる悪しきカルマの元...