Post image

2/29***安房神社神仏両界護摩法要(千葉房総半島)お知らせです。

ミヒンタレーのマヒンダ氏から、千葉県館山市で開催される神仏両界護摩法要の案内を送ってもらっていますので、ご紹介します。この護摩供養では、東日本大震災犠牲者供養・震災復興順調・地震安全・郷土安穏祈願がなされます。お近くの方は、是非、ご参加ください。参拝自由、無料。東日本大震災犠牲者供養・震災復興順調・地震安全・郷土安穏祈願 》安房神社神仏両界護摩法要《 日時・平成24年3月20日(祝) 法要開始12時~13時終了...

Post image

2/20***星まつりに降臨現形された聖霊、神仏現形の瞬間

阿含の星まつりも終わり、やっと新年入りした感があります。本年の星まつりでは、先に一部紹介しましたとおり、個人的に撮影した数枚のデジタル写真映像の中に、神仏が降臨現形(こうりんげぎょう)されていました。降臨現形とは、生ける聖霊が、信徒の祈りに感応して自らの意思で衆人の前に、そのお姿をはっきり表され、映像に留まられる奇蹟の現象のことを言います。昨年来、このブログにも現形の映像は、何枚も発表してきました...

Post image

2/12***2012年、阿含の星祭り***この日、聖火は炎々と燃えた。

2/11、建国記念日で週末土曜日、そして絶好の行楽日和となり、埋め尽くされた会場の桟敷席には、全国から参集した信徒の他、一般参拝者らの見守る中、2012年神仏両界大柴燈護摩供、阿含の星祭りの聖火が盛大に立ち上りました。この日、朝から始まった、この修法は終日を費やして、3000万本を越える山と積まれた護摩木を残らず焼き尽くして無事行満しました。年初あたりから、日本各地、至る所で雪害と冷害が、ニュース記事の中では...

2/7***2012年炎の祭典、阿含の星まつり

いよいよ、2012年の阿含の星まつりも後4日ほどとなってきました。本年は、昨年3.11に起こったあの忌まわしい東日本大震災の多くの犠牲者の御霊の成仏供養と、東日本復興祈願の護摩供が同時に修法されます。本来、阿含の星まつりの意義を探ると、護摩を焚いて厄を払う程度のものではなく、密教独自に編み出した、密教最高の開運法である星供法によって修法されていることが理解できます。ここでは、昨年の1月に記事としてアップした...

2/3***お知らせ***2012年炎の祭典*第39回*阿含の星まつりテレビ放映予定

本年の星まつりもあと一週間となってきました。例年30万人以上がこの祭りに参拝されます。信徒だけではなく一般参拝者もこの日には実に多くの方々が足を運ばれます。関西圏だけではなく、国内では、九州や北海道、果ては国外のブラジルや台湾、アメリカからもこの法要のために来日される方々もあるといいます。年々国際色豊かになってきたことは、いろいろな肌の色のをした人たちの参拝される様子と、案内板の各国の言語表記が多く...