avatar image

10/2***伊勢神宮式年遷宮、本日から祭儀のクライマックスへ

伊勢神宮式年遷宮は、10/2内宮、10/5外宮で平成17年からなされてきた幾多の祭事のクライマックスを迎えることになります。内宮では、本日午後八時から翌三日の深夜に掛けて、一般参拝客拝殿を禁じて、最後の秘儀ともいえる御神体の遷御が行われると言います。

内宮10月2日、外宮5日に「遷御の儀」 日本再生の息吹

産経ニュース
■「20年に一度」生命・活力新たに 

伊勢神宮(三重県伊勢市)で20年ぶりに行われる「式年遷宮」が、10月2、5両日に迫った。1300年の歴史を誇る盛儀も、今回で62回目。内宮(ないくう)、外宮(げくう)ともに大方の準備が整い、当日を待つばかりだ。「2020年東京五輪」の開催も決まり、沸き立つ日本をさらに勇気づける神事の成功を、国民挙げて祈りたい。(論説委員 渡部裕明)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130930/trd13093011360007-n1.htm

御神体遷御の儀  内宮2日(水)午後8時
         外宮5日 (土)午後8時
http://www.isejingu.or.jp/whatsnew/detail.php?uid=73


遷宮行事は、山口祭、木本祭に始まり遷御、奉幣、御神楽に至るまで30に及ぶ祭典・行事が行われます。その内12の主要な祭典については、日時等につき「御治定」(天皇陛下のお定め)を仰ぎます。
  又、伊勢の地元民を中心とした国民参加の行事として「お木曳き行事」「お白石持行事」が行われます。
  日程については先例に倣い、平成17年5月の山口祭より同25年10月の「遷御」の儀斎行を目指して諸準備をとり進めます。(遷宮行事予定http://www.sengu.info/gyoji.html
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback