FC2ブログ
avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018/1/10***サハラ砂漠に大雪***アメリカマサチューセッツ、海が凍結他





地球環境の激変情報は、至る所から発信されています。昨日までの穏やかな場所が一変することも気候だけではなく、地形さえもが一変してしまうことは稀なことではないようです。。

サハラ砂漠で異例の大雪、過去40年で3度目!「カフェラテみたいな景色
」http://saigaijyouhou.com/blog-entry-19358.html
s_ice_screenshot_20180110-130524.jpeg


アメリカの災害被害、去年は過去最大の34兆円に!ハリケーンや山火事で拡大!「地球が異常」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-19353.html

米国マサチューセッツ州で何と「海が全凍結」。まるで北極のような光景が広がる
https://earthreview.net/whole-ocean-frozen-in-falmouth-massachusetts-us/


スポンサーサイト

Comment

  • ミヒンタレーのマヒンダです。
  • URL
国難を救う最尊最勝荒恵比須天・護摩法要のお知らせ

弘明様、読者の皆様、

ミヒンタレーのマヒンダです。

ヨーロッパの政治統計サイトの12月5日のトップ記事に日本の危機的情況が報道されていました。
……………………………………
「300年後には日本人は300人しかいない」

世界第三位の経済を誇る国家は今、高齢者人口の増加と全体の人口の減少に見舞われており、そして、国は単に消滅に向かうだろう。

日本の出生率(生涯にわたり女性が出産した子どもの平均数)は、約 2.1人とほぼ安定していた。これは人口を維持するために必要なレベルです。
  
しかし、1973年から、日本の出生率は急速に減少し始め、2005年には最低値の 1.26 に達した。そして、この年には死亡者数が出生数より多くなりました。

現在、日本の人口は 1時間に約 51人減少しています。

最終的には、日本の出生率が 2.1 に上昇すること以外に、解決策はないのです。しかし、出生数の上昇は、平均的な日本人たちの考え方を変えることによってしか達成できないのです。

もし、日本政府が人々に、子どもを持つことへの考え方を変えさせることに失敗した場合は、今から 300年が経過する間に、日本の人口は 300人にまで減少するでしょう。
………………………………………

いま、日本が恐れることは、『社会』が崩壊・壊滅する前に、ほとんどの『家庭』が崩壊してしまうことです。

しかも、その前に、『家庭』を構成する『個人』が崩壊してしまうことです。

この『個人』の崩壊は、最も悪い因縁となって現れています。

①横変死の因縁
②刑獄の因縁
③肉親血縁相剋の因縁
④家運衰退して一家離散する因縁

これらの因縁を持った人々が異常に増加しているのです。

異常性格を持った子供たちの増加、戦争かそれに類するアクシデントの勃発によって、人類がみな、住み家を失い、ちりぢりに離散する運命に直面しているのです。

その日本が直面している国難を救うイベントが開催されます。

1月20日(土)阿含宗関西総本部に於て、和田理事長をお導師に、「最尊最勝荒恵比寿護摩法要」が執り行われます。

そして、この法要は全国一斉護摩法要となり、各阿含宗護摩壇奉安道場においても同時 護摩法要を行います。

この、荒恵比須天護摩法要では、日本全市町村の郷土安穏・神威示現・神徳無限をお祈りします。

なぜ、荒恵比寿大黒天護摩法要で、日本全国の県並びに市町村」の【神威示現 神徳無限】を祈らなければならないのでしょうか。

阿含宗開祖は、『伊勢の生き神様』と呼ばれた小泉太志命より「あなたは、素戔嗚命の生まれ変わりであるから、国開きの大事業をなさねばならない。そういう使命を持っておられる。」とのお言葉を賜られて以来、開祖は、素戔嗚大神をはじめ、神界の神々をお祀りされてこられました。

そして、沖縄大柴燈護摩供へのメッセージでは、
「神国日本の滅亡を防ぐために、神界の神々が出動される時が来た。仏界の聖者たちと、神界の神々が手を取り合って起つときが来たのだ。われら神々の末裔は、阿含の正しい仏法を身につけ、神々のあとにつづかねばならぬ。われらこそは、神仏両界結合の聖なる使徒なのだ。世界は、神仏両界結合の聖なる使徒によってはじめて救われる。神々の末裔である諸君は、正しい仏法と強い神力を身につけ、神仏両界結合の聖なる使徒となって、戦支度の神仏のあとにつづけ!」
とのご指導を賜りました。

いま、阿含宗の各道場では、「凖てい観世音大菩薩」様をご招来する活動を行っていますが、この仏様は、「仏母凖てい」と呼ばれ、千仏(たくさん)の菩薩を産み出す母親的存在です。 

そして、この凖てい観世音大菩薩様は、大海原の深海に棲む亀の甲羅から咲く蓮華の華の上に座して、二大龍王に守護されておられます


最尊最勝荒恵比須天は、女性の神様で、戦い支度のお姿で船に乗られ、天空を騎して、国難の場所に立ち向かわるそうです。

まさに、仏界の最勝金剛「仏母凖てい観世音大菩薩」様が、「スサノヲの命」の神力を身にまとい、船頭に火龍様を、船尾に金龍様を従えた法城「阿含の荒恵比須船」を引き連れ、天空を駆けて国難に立ち向かう、神仏両界の守護神「最尊最勝荒恵比須天」に権化されるのではないでしょうか。

いまこそ、日本中の神々に法城「阿含の荒恵比須船」に神集いしていただき、最尊最勝荒恵比須天を先頭に、国難に立ち向かっていただくときがきたのです。

頑張りましょう!
戦い支度の神々に続きましょう‼


阿含宗各道場のお問い合わせ

http://www.agon.org/sp/access/


阿含の星まつり

http://www.agon.org/hoshimatsuri/

  • 管理者弘明からです
  • URL
人の為したカルマが積み重なって出始めた!

カルマが表面だって出始めた?

ミヒンタレーのマヒンダ様、読者の皆様

貴重な情報ありがとうございます。

日本にとって厳しい数字のオンパレードの予測ですね。総じて人のカルマ、因縁が浮かび上がってくる時期になってきているのではないか?そのように思われて仕方ありませんね。本来は個人単位で最も運気が悪い時期に自身の内在する因縁が出るといったことが普通なんでしょうが、今はそれさえもが、人類すべてにわたって、ではじめているのでは?ご指摘の悪因縁が個人を動かし、その多さが国の衰退促進しているようにも思えます。

ただし、日本はこの7月本当に大きな、カルマからくる大難を無難に切り替えたと思っています。誰も気が付かれていないのでは?北方洋上法要はそのような裏の意義立てが会ったのではないかと思っています。

いずれ話題に出そうと思っていましたが、一万年以上前に太平洋海底に没したムー大陸で、高度な文化、技術といったものを持っていながら、一夜にして海の藻屑となった人たちの輪廻転生者が、当時と同じような思考性をもって、今の日本に転生をはかっており、また、同じような結末を無意識の中で作り出そうとしているのでは?開祖の「輪廻する葦」、『1999年カルマと霊障からの脱出』を参考にするしてノス師予言を紐解いていくと、そのような結論が出てきます。果たして?

ご紹介の法要は、W理事長他、女性だけの護摩導師他、脇導師という前代未聞の法要が全国で同時開催されると聞いています。

荒恵比寿に変化していただき、これから降りかかる日本の難局のチャンネルをきり変えていただきたいと思います。

  • 管理者弘明からです
  • URL
開祖の御霊諭を目にしてワクワクしています。


読者の皆様

まだ、厳しい寒さが、続きますが、特に北海道や東北、北陸など雪深いところにお住まいの方々には、お見舞いいたします。

今年に入ってから、自然環境のストレスが一層高まってきているようです。

『地球規模で火山大噴火の恐れ 今年に入ってから世界中で噴火、太陽の異変と連動も!極小期に突入』
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-19426.html

 
2/11、本年の大柴燈護摩供に向け、賜った御霊諭の中に、次の一文があります。

「私は、七色の霊光による神変を現証として現しただけではなく、その霊光を諸君一人ひとりの霊性の脳に授けたのだ。*****」
何度もこのブログの記事中にブルーサフアイアやエメラルドグリーンのオーブなどを写真を通じて紹介してきたのは、予言とリンクした大いなる存在の意思の結実だと思っていましたが、開祖の御霊諭は、本当にありがたいお言葉でした。単なる偶然たまたまこれらの写真を賜ったものではない、故あってのもの、多くの方にお目にかけたいと思いました。

このブログも、もっと張り切って息吹を起こさないといけないのかもしれませんね。いろいろな意味で、活路を開きたいと思います。

  • 管理者弘明からです
  • URL
1999年7の月ノストラダムス師の予言4行目、軍神マルスとは、

1999年7の月ノストラダムス師の予言4行目、軍神マルスとは、

読者の皆様へ

これはまだ追求すべき予言詩なんですが、
あの予言詩の4行目「軍神マルス」として
”Mars”***火星  を意味する単語が用いられています。

原文は、以下のように書かれており、
 
Avant apres, Mars regner per bon heur.  
訳は、「マルスの前後に首尾よく支配するために。」


このマルスと言う単語をアナグラムとしてみたとき、”mar(i)s(ten)***マリシ天

そう、あの戦支度をされた女神、密教の修行者が、護身九字を切る際には、この神の真言を口にします。これ当たり前になっているわけですが、まんざら、このアナグラムの解読否定できないところがおおいにあります。

文頭”Avant”は、A + van + t
A*****胎蔵界大日如来
van***金剛界大日如来
t(プラスの意味)*****二尊合体した金胎両部、神仏両界の諸尊聖衆とすると、当然天部の神々もそこに参集することになります。

荒恵比寿大黒天護摩法要は、恵比寿様が戦支度の女神となってこの国の守護に当たられるというのは、なにやら、この予言詩にも相通じるところがありそうです。

本日は体調を崩してしまったために、少しですがコメント入れてみました。.

この法要の大成功を祈りますと同時に、準提尊の秘密真言についての法話がある模様です。縁ある方は、参加されるとよろしいでしょう。           
合掌

  • ミヒンタレーのマヒンダです。
  • URL
阿含の最尊最勝荒恵比須天護摩法要のお知らせ

弘明様、読者の皆様

ミヒンタレーのマヒンダです。

いよいよ明日、1月20日(土)1時30分から「最尊最勝荒恵比寿天 神威示現 国土安穏・国家鎮護・家庭安穏・霊性顕現祈願護摩法要」が関西総本部よりネットワークにて中継されます。

この護摩法要は関西総本部では和田理事長がお導師をお勤めされ、 同時刻に全国各道場でも護摩法要が執り行われ、 その後、ネットワークで和田理事長のご指導があります。

この護摩法要の特徴は女性修行者が中心になり、国土安穏、国家鎮護を祈念するものです。

1月7日開祖生誕祭で、和田理事長のご法話の中で「私たちには分からないけれど、知らないところで国難、世界の危機が日々起きている。女性も男性と同じようにお護摩で、祈りの力で世界平和を実現しなさい。 1月より遅れてはならない。(本法要が)」とご指導下さいました。

国家の危機に際しては女武者と権化して天空を騎して国難へ駆け向かうとされる荒恵比寿尊を勧請しての護摩法要です。

じつは、荒恵比須天について調査したところ、広島県宮島の厳島神社の末社にお祀りされている荒胡子(えびす)神社の御祭神は、スサノヲの命だったのです。

厳島神社末社・荒胡子(えびす)神社

末社御本殿は重要文化財

御祭神  素盞鳴命・事代主神

由 緒  島内の寺院大願寺の子院 金剛院の鎮守であった。

厳島神社サイト
http://www.itsukushimajinja.jp/setumatusya.html#setumatusya03

まさに、最勝金剛仏母凖てい観世音大菩薩様がスサノヲの命の神力を身にまとい、戦い支度の最尊最勝荒恵比須天に権化されるのです。

阿含の第二の仏陀の使徒たちよ、
戦い支度の神々に続いて、
国難に立ち向かいましょう‼

合掌

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。